image
Pic

よくある質問

FAQ

お客さまからよくお問い合わせいただく質問と、その回答(Q&A)を紹介しています。

  • 購入にあたっての流れを教えてください。

    まずは資金計画を立てます。
    購入予算について、頭金や返済限度額、諸費用などについて、一つひとつ整理しましょう。
    基本は、なるべく頭金を増やし、借入金を低く抑えることです。
    金利や返済比率についてなど考える項目は少なくありませんが、当社の担当者が親身になって相談に応じますのでご安心ください。
    次に理想のライフプランに最適な物件について検討します。
    資料図面を見て気に入ったら、実際に現地へ出向いて確かめましょう。
    モデルハウスはもちろん建設予定地にも足を運び、周辺環境もチェック。
    気に入った物件が見つかったら契約です。
    不動産売買についての契約には様々な法律や規制が関わります。
    どうぞしっかりと理解してから売買契約書を取り交わしてください。
    不明な点などあれば、当社スタッフが皆様方の立場で丁寧にご説明させていただきます。
    既に支払った手付金以外に必要な代金を支払い、同時に鍵を受け取って物件の引渡しが完了します。
    所有権の移転といった登記手続きも同時に行います。
    物件とともに管理責任も買主へ移行することから、火災保険もこの日から保険期間が開始されるように加入するのが一般的です。

  • 融資に関してはどうしたら良いのか分からないのですか?

    売買契約書を取り交わした後、住宅ローンの手続きに入ります。
    住宅ローンの審査には時間を要しますので、速やかな対応が大切です。審査の後は銀行と「金銭消費貸借契約」を交わします。
    融資には3つのタイプ(固定金利型・変動金利型・固定金利期間選択型)があり、それぞれにメリット、デメリットがあるので、ライフプランに合わせて検討が必要です。
    公的ローンとしては2タイプあります。
    財形貯蓄を1年以上継続し、貯蓄残高50万円以上ある方を対象とした、財形貯蓄残高の10倍の額で最高4,000万円までの「財形住宅融資」。
    物件や借入限度額には一定の制限があるものの、金利面は比較的有利なものがある「自治体融資(設けていない自治体もあります)」です。
    民間ローンには住宅金融支援機構による長期固定金利型のローン「フラット35」をはじめ、銀行、JA、生命保険、ノンバンクなどのローンがあります。
    返済方法にも「元利均等返済」「元金均等返済」「毎月返済・ボーナス併用返済」「一部繰上返済」があり、それぞれの内容を確認の上、ライフプランに合わせて選択することをお勧めします。

  • 土地(地盤)のことを教えていただくことができるのですか?

    土地耐力につきましては、スウェーデン式サウンディング試験を用いて地盤調査を行いますので、調査データをお知らせいたします。
    ちなみに、スウェーデン式サウンディング試験とは、1971年にスウェーデンで実用化されたのが始まりで、ねじり角錐のスクリューポイントをロッドの先端に取付け載荷板を次々に載荷し、各荷重段階での貫入量、及び0.98kN(約0.1トン)載荷し回転させて一定の深さ貫入させるのに要する回転数を測定し、土層の軟度や相対密度を探査する方法です。
    このことにより地層の分布などを断面的に推定することができます。

  • 地震に強いらしいですが、どれぐらいの地震に耐えられるのですか?

    住まいのプランや土地の条件などでも異なりますが、阪神淡路大震災や東日本大震災クラスの地震には十分に耐えられます。
    テクノストラクチャー工法で実際に建てた家を大型振動台にかける実験で、震度7でも構造体の損傷・変形はなく、5回の激震にも十分耐える構造強度であることが確認されました。
    実験に用いた住まいは、一般的な間取りを忠実に再現したものでした。

  • 竹弘鉄建さんとパナソニックはどういう関係ですか?

    パナソニックによるテクノストラクチャーの住まいを建設できるのは、所定の研修を修了した、地域の優良ハウスビルダーに限られます。
    竹弘鉄建はビルダー認定制度で選ばれたビルダーかつ施工管理者であり、地元に密着した住宅営業と施工管理で安心を届けています。

  • テクノストラクチャー工法ってどういう工法ですか?

    テクノストラクチャーとは、木と鉄の複合梁・テクノビームと高強度オリジナル接合金具を使用し、さらに構造計算や耐震実験など、最先端の技術を導入した新工法です。
    「木か鉄か」という選択肢では得られない、木造と鉄骨造の両法のメリットを活かしたパナソニック独自の「第三の工法」です。

  • テクノストラクチャー工法のメリットを教えてください。

    "木のぬくもりと優れた耐震性を備える住まい"を具現化できることです。
    日本の風土に合い、多くの人々が理想とするのは、やはり“木の住まい”です。
    しかし、従来の木造住宅では地震や台風への耐久性に疑問があったり、経年変化による扉やふすまの開閉の劣化が避けられませんでした。
    また建築する職人の腕次第で完成度が異なる事も無いとは言い難い状況だったのです。
    こうした点を克服し、心地良さと安心を融合した“住まいの理想形”を達成したのがテクノストラクチャー工法です。
    柱強度や梁強度など311項目に及ぶ構造計算を実施した、構造躯体の強度も大きな魅力。
    こだわりの自由設計住宅から先進のデザイナーズ邸宅までを提供できます。

  • 工期はどれくらいかかりますか?

    様々な条件によって異なりますが、約3ヶ月を目安にお考えください。

  • テクノビームって何ですか?

    テクノストラクチャーに用いる、家を支える大切な梁に用いる木と鉄の複合梁を「テクノビーム」と言います。
    10cm×20cmのH形の鉄骨を芯材とし、上下を10.5cm×4.5cmの集成材で挟んだものです。
    接合部も金具で強化し、ムクの柱の1.5倍の強度を持つ集成材柱で更に耐震性を高めています。

  • テクノビームの耐久性を教えてください。

    テクノビームに使用しているH鋼は、約75年〜90年の耐久性を誇るものです。
    例えば2・3階に置かれた家具やベッドの重みもしっかり受け止め、住宅のゆがみをなくします。
    その優れた防錆力によって、2・3階建住宅をはじめ屋外立体駐車場、スタジアムのひさしといった厳しい環境下でも用いられています。

  • 集成材ってどんなものですか?

    「集成材」とは、小さく切り分けた木材を乾燥させ、接着剤で組み合わせた「人工」の木材です。
    強度や品質が安定しているので、扱いやすく、多くの工務店や住宅メーカーから選ばれている木材です。

  • 集成材の耐久性を教えてください。

    天然木の場合、大節や割れなどの欠点があります。
    一方、集成材では、こうした欠点を除いた上で積層することによって品質を均一化し、強度性能を向上。
    集成材の接着性能は半永久的とされており、通常のムク材と耐用年数、耐久性は同等です。
    ちなみに集成材の歴史は古く、実用化は今からおよそ100年前とされています。
    日本では1951年、東京の「森林記念館」に採用されたのが最初であり、その建物は現存しています。

  • どのようなデザインや間取りの家があるのですか?

    テクノストラクチャーは木造のため、面積は500㎡まで、階数は3階建まで建築可能です。
    この範囲内であれば店舗付き住宅も建築可能です。
    また、一般的な木造軸組工法では約3.6 mしかとれなかった柱と柱の間を約6m(壁心寸法)まで広げられるため、20畳以上もの大空間が実現でき、ワイドビューを楽しめる大きな窓の設置も自由です。
    しかもテクノ接合金具の採用により、従来柱の接合のために必要だった「ほぞ加工」が不要になり、柱の長さをフルに活かした天井高が可能。2階建て住宅で1階・2階とも最大2.8m(一般的な住まいは2.4m)もの天井高が実現できます。
    施工例には、一見2階建てのように見えて5層の空間を持つ収納豊富な家、ワンフロアで快適に過ごせる中庭付きの平屋の家、吹抜けや大きな開口を通して1階・2階・家の中と外がつながる開放的な家、大きな吹抜けのある共有の玄関ホールでつながる二世帯住宅、6mにも渡る大開口と勾配天井で驚きの採光と眺望を手に入れた家、葺きおろしの大屋根に太陽光発でパネルを搭載して外張り断熱工法(くるみ〜な)で断熱したエコな家などがあげられます。
    ただし、木造であるため、床の重量上で2階以上の階を店舗とすることができない場合がありますので、あらかじめご相談ください。

  • 住宅エコポイントの対象でしょうか?

    住宅エコポイント制度の対象となっています。
    テクノストラクチャーで「エコ住宅」を新築すると、一戸あたり30万ポイントが取得可能です。
    30万ポイント取得すると、約30万円相当の商品などに交換できます。
    ちなみに住宅エコポイントの対象となる「エコ住宅」とは、所定の省エネルギー基準を満たした住宅のことを指します。
    テクノストラクチャーでは、充填断熱工法もしくは外張り断熱工法「くるみ〜な」と断熱玄関ドア・サッシ施工することで、省エネ基準を満たした「省エネルギー対策等級4」の省エネルギー住宅となります。
    ただし、基準に適合することについて、登録住宅性能評価機関等の第3者機関による証明を受ける必要があります。

  • パナソニックなら、設備品や電化製品も購入できるのですか?

    高品質・高性能で定評のあるパナソニック製品を一括購入することで、低価格で快適な住まいづくりを実現できます。
    システムキッチンをはじめ室内ドアや床、浴室ユニットや照明、全自動おそうじトイレなど、設備品から電化製品までが購入可能。快適そのもののオール電化住宅を、支出を抑えながら実現するチャンスです。

  • 保証はどうなっているのですか?

    完成した住宅は瑕疵担保責任保険への加入で10年の間に瑕疵が発覚した場合保険が適用されます。
    お引渡しから3ヵ月、5年、10年の定期点検を実施(長期御優良住宅については3ヵ月、6ヶ月、1年、2年、3年、5年、10年で実施)
    またパナソニックの主要設備については設備の7年保証があり、メンテナンス・部品交換に対応しております。

  • 八尾市周辺の土地情報を教えてください。

    土地情報はHPに掲載しておりますのでご覧ください。
    また、土地探しのお手伝いもしておりますので、何なりとお問い合わせください。
    弊社には不動産事業部もございます。
    ご来社いただければ詳しい内容をご案内させていただきます。
    ●土地探しのお手伝い(メールフォームの場合)はこちらから
    ●土地探しのお手伝い(お電話の場合)フリーダイヤル 0120-678-334まで


お問合せ

NextHome TAKEHIROをもっと知っていただくために、お近くの住宅展示場や、見学会、住まいの体験会などをご案内しています。
お客様の理想の住まいについて、是非私達にご相談ください。

カタログのご請求

住まいづくりに役立つカタログをはじめ、オーナーズボイスやインテリア実例集もご用意しています。

カタログのご請求

ご相談・お問合せ

NextHome TAKEHIROへのご意見、ご相談、 その他お問い合わせがございましたら、お気軽にこちらよりお問い合わせください。

ご相談・お問合せ

リモートオンラインサービス

ご自宅から家づくりに関するご相談やモデルハウスの見学が可能です。
是非ご利用ください。

リモートオンラインサービス