Background Image

パナソニックテクノストラクチャー

パナソニックテクノストラクチャー

木+鉄で建てる、第三の工法。

panasonic technostructure
テクノストラクチャー工法は強い梁「テクノビーム」を使い、1棟1棟構造計算をして建てる家。
耐震性が高く、省エネ性に優れ、長期優良住宅仕様。
高強度オリジナル金具を使用し、さらに構造計算や耐震実験など最先端の技術を導入した新工法「テクノストラクチャー」。
「木」か「鉄」かという選択肢では得られない、木造と鉄骨造の両方のメリットを活かした、パナソニック独自の「第三の工法」です。
image

強い部材が家を強くする

木+鉄でできた強い梁「テクノビーム」。
部材自体の強度にこだわり、家を強くします。

テクノストラクチャー工法では、木の弱点を鉄の強さで補強したオリジナル部材「テクノビーム」を使用。
通常の木の梁と比べると「たわみ」が少ないので、長い年月が経過した後も、梁の「たわみ」からくる骨組み全体のゆがみがおさえられます。
さらに地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです。

image

1棟1棟、家の強さを確認

家の強さを科学的に確認する「構造計算」を1棟1棟実施。
388項目にも及ぶ緻密なチェックを経て、テクノストラクチャーの家は建設されます。
また、構造計算の結果についてはパナソニックの保証書も発行されます。

ひとくちに「構造計算」と言っても内容は様々です。
一般的に行われている構造計算が200項目程度なのに対しテクノストラクチャーの構造計算は388項目をチェックします。
厳しい自社基準を設定し安全性を追求しています。

image

世代を超えて住み続けるために
耐久性への徹底したこだわり

強い家を作るだけでなく、
家の強さを維持するために重要なのが、細部の劣化対策です。

テクノビームの芯材となる鉄の部分(軽量H形鋼)には、部材そのものに防錆作用に優れた溶融亜鉛めっき処理を施すことで、 住宅性能表示制度における最高等級(劣化対策等級3)の基準をクリアしています。
結露を防止するための断熱材施工だけでなく、部材そのものに対策をほどこすことで劣化による機能低下を防止しています。

image

自由な設計を叶える
充実の部材ラインナップ

テクノストラクチャーは設計自由度を高める部材が充実。
木造住宅に、もっと自由と可能性を与える部材です。

高強度の門型フレーム「Mフレーム」を活用すれば、大きな開口を実現できます。
この「Mフレーム」は国土交通大臣により構造強度の認定を受けている部材で、高強度を生かして1階をゆとりのあるビルトインガレージにするプランや 、2階・3階に大きな窓を取るプランも可能に。
鉄骨造や鉄筋コンクリート造で同様の構造を実現するのと比べコストが抑えやすいというメリットも。
もちろん緻密な構造計算を行い、災害シミュレーションを行うので安心して大きな開口を取り入れられます。

image

ビルダー認定制度

テクノストラクチャー工法採用ビルダーが高い施工品質を実現します。

テクノストラクチャー工法採用ビルダーである竹弘鉄建が施工します。

住まい作りには間取り以外にも、法的なことや資金的なこと、全体のスケジュールなど、さまざまな問題が数多く存在します。
住まいのプロ、地域に密着したテクノストラクチャー工法採用ビルダーがお客様の立場で親身になってご提案させていただきます。

テクノストラクチャーをもっと詳しく(外部サイト)