八尾市高美町モデルハウス

2015.07.09

モデルハウス公開中


お陰様で高美町のモデルハウスは竣工を迎え、仕上がりました!

屋根全面に太陽光発電パネルを搭載しており、10Kwを超える発電量です。
現在の買取制度で契約すると、年間約36万円の売電収入があります。

モデルではリアルタイムで現在の発電量と金額がモニターで確認出来ますので、御興味のある方は是非いらして下さい。

モデルハウスは延床約30坪の都市型住宅タイプです。

部屋を広く見せる工夫等もしています。

現在、見学会開催中ですので、皆様の御来場お待ちしております。

[caption id="attachment_931" align="alignnone" width="169"] 屋根全面に太陽光発電が載っています。[/caption]

[caption id="attachment_932" align="alignnone" width="300"] 玄関には土間スペースがあります。[/caption]

[caption id="attachment_933" align="alignnone" width="300"] 開放的なキッチンにしています。[/caption]

[caption id="attachment_934" align="alignnone" width="300"] 現在公開中です。[/caption]

2015.05.18

建物完成


こんにちは。

八尾市高美町のモデルハウスは「美装」という
大掃除を経て、内部も見られる状態となりました。
今回のモデルは今までと違ったプランづくりをしています。

賛否は分かれるかもしれませんが、最近の住宅では採用ケース
も増えていますので参考になるかと思います。

写真ではうまく撮影出来ませんので、現地へは是非いらして
頂きたいと思います。

外では外構工事が始まっており、まもなく完全完成です。

[caption id="attachment_926" align="alignnone" width="169"] 玄関は多勢のお客様にも対応出来る形状です。[/caption]

[caption id="attachment_927" align="alignnone" width="300"] LDKの形状や照明も今までと違うタイプを採用しています。[/caption]

[caption id="attachment_928" align="alignnone" width="300"] 2階洋室です。建具と床の木目が美しいです。[/caption]

[caption id="attachment_929" align="alignnone" width="300"] 外では外構工事が始まっています。[/caption]

2015.05.16

内装完了


ご無沙汰しております。

ちょっと見に行かない間に内部では電気配線が終わり、内装の石膏ボードが
貼られ、壁紙まで進んでおりました。

それぞれ、きれいな仕上がりとする為、職人さんは下地処理をキチンと
施して仕上げしていきます。
この下地段階の作業の手間で長くきれいな状態となるか、後々、
少しイマイチとなるか差が出てきます。

勿論、木は生き物なので施工品質を高くしても防ぎ切れない事もあります。

これ位でいいだろう、ではなく、ここまでの事を十分にやったという仕事の
差が出てくるのかなと思います。 手前みそながら、きちんとした仕事に
なってると思います。

2015.04.24

家の姿


こんにちは、今週現場を見に行きますと、足場と防塵シートが外され、
建物の姿が見えるようになりました。

まだ周りは更地ばかりなので、一軒だけポツリと、でも凛々しく
建っているように感じます。

南面に向けた片流れ屋根はバルコニーまで被さっており、
2階がオーバーハングしたような形になっています。

バルコニーに屋根が被さっているので、テラス屋根を付ける必要もなく、
吹き降りでなければ雨に濡れる心配もありません。

内部では内装下地の石膏ボード貼りが進んでおり、部屋らしく
なってきました。

楽しみですね。

[caption id="attachment_921" align="alignnone" width="300"] 分譲地第一号の建物です。[/caption]

[caption id="attachment_922" align="alignnone" width="169"] バルコニーまですっぽり覆う屋根になっています。[/caption]

[caption id="attachment_923" align="alignnone" width="300"] 内部では石膏ボードが進み部屋らしくなってきました。[/caption]

2015.04.16

太陽光パネル・外壁工事


現場は日々進行しております。
久し振りに見に行きますと外壁は貼られ、屋根には
太陽光パネルが搭載されてました。

外壁は白と黒のコントラストがきれいに出るか楽しみです。

今回モデルハウスとしては初めて太陽光発電を設置します。

敷地が南向きでパネルも多く載せる事が出来る為、
太陽光発電のメリットが生かせます。

10Kwを超えて、電気の20年全量買取制度を利用出来るので
売電金額も高額になります。

この分譲地を御検討の際は一度シミュレーションして頂けたら
と思います。

[caption id="attachment_916" align="alignnone" width="300"] 内部では石膏ボードが進んでいます。[/caption]

[caption id="attachment_917" align="alignnone" width="300"] 外壁が貼られました。全体像が楽しみです。[/caption]

[caption id="attachment_918" align="alignnone" width="300"] 足場から屋根を見ると、一面に太陽光パネルが並んでいます。[/caption]

[caption id="attachment_919" align="alignnone" width="300"] 普段、間近で見ませんが、アップで見るとこんな感じです。[/caption]

2015.04.10

電気配線・断熱材


照明器具と家具は連動する事が多く、予め検討が必要です。

例えば食卓を照らすペンダントライト等はダイニングテーブルの中央を
照らす位置に設置しないとバランスが悪くなりますし、ダウンライトも
配置次第で家具をきれいに照らしたり、リビングの雰囲気づくりに
大きく影響します。

大きめのシーリングライトを部屋の中央に設置するのが失敗無く
無難な方法ですが、他の器具を組み合わせていく事で部屋の雰囲気
が大きく変わったりもするので検討したい所です。

このモデルでも少しだけ工夫します。

という訳で、現場でも打合せして配線を仕込んでいきます。

思惑通りに仕上がる事を期待しています

2015.03.30

施工品質


こんにちは、山上です。

今日で3月も終わり、4月を迎えますね✩
桜がどんどん咲いて気分も良いです。

さて高美町の現場では造作工事が進行中です。

木造住宅では大工さんの腕の差が出やすいと言われます。
確かにそのとおりですが、構造体が一定品質を保つには腕の差によって
構造にも差が出ては困ります。

テクノストラクチャーの建物は工場で加工された構造材が現場に
搬入され、組み立てられます。現場での加工を極力少なくし、
上手下手の差を出ないようにしています。

また、構造の図面にはどこにどんな材料を使うか指定されており
図面通りつくっていけば、高い性能が発揮されます。

大工も人間ですから、間違いを絶対起こさないとも限りません。

そこで、工場で加工された材料にはラベルが貼られ、図面と照合して
どこにどの材料を配置するか分かるようにしています。

こういった工夫をする事で精度の高い工事が出来る訳です。


構造材の配置を示すラベルが見えます



ズレが起きていないかチェック出来る仕組みです。



図面と照合する為のラベルが貼ってあります。

[caption id="attachment_913" align="alignnone" width="300"] 施工品質=高性能です。[/caption]

2015.03.19

上棟工事


こんにちは、山上ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

3月19日(木)は一日雨で上棟は20日(金)に順延となりました。
しかし、20日は朝から晴れて工事日和で、現場は順調に進みました。

新しい分譲地は良いですね✩ 広大な分譲地の中で最初の建物です。
完成したら目立ちそうです。
道路にはまだ車両の通行はほとんど無く、安全面でも安心です。

棟上げの工事では大工が10名近く集まり、連携して組立を進めます。
息の合った作業は見ていても頼もしいものです。

この段階で大事な事は接合の金物やボルト、釘をしっかり打ち込み、
正確に施工する事です。

接合が正確に為されていないと、高い性能につながりませんので、
注意しつつ作業します。

この組立が完了すると検査が行われ、しばらく造作工事が続きます。



2階の梁部分を工事しています。



1階から見た天井の様子。鉄骨梁と2階床の耐震パネルが見えます。



上棟にはクレーン車が活躍します。



屋根まで組み立て雨対策までが本日の作業となります。

2015.03.13

基礎完了


こんにちは、春に三日の晴れ無しと言いますが、一週間の内、
何処かで雨が降りますね。
現場では雨を避けつつ基礎が完了しています。

基礎部分は給排水の配管が通っており、将来のメンテナンスで
重要な場所です。
床鳴りが起きたり、給排水の不具合が起きた場合等、床下に入って
点検とメンテナンス作業を行います。

その為、基礎の隅々まで行ける構造にしておくと便利です。
また配管も取り替えしやすい構造にしておくと、メンテナンスや
リフォームの際、大規模工事になったり、余分な費用をかけなくて
済みます。

長く快適に住んで頂く為、こうのようなつくりにしています。

お問合せ

NextHome TAKEHIROをもっと知っていただくために、お近くの住宅展示場や、見学会、住まいの体験会などをご案内しています。
お客様の理想の住まいについて、是非私達にご相談ください。

カタログのご請求

住まいづくりに役立つカタログをはじめ、オーナーズボイスやインテリア実例集もご用意しています。

カタログのご請求

ご相談・お問合せ

NextHome TAKEHIROへのご意見、ご相談、 その他お問い合わせがございましたら、お気軽にこちらよりお問い合わせください。

ご相談・お問合せ

リモートオンラインサービス

ご自宅から家づくりに関するご相談やモデルハウスの見学が可能です。
是非ご利用ください。

リモートオンラインサービス