柏原市 A様 邸

2020.03.24

第1話 小屋裏の仕組み


第1話

 

皆様こんにちわ、監督Mです。

3月10日に無事上棟が終わり、順調に完成に向けて進んでいます。

O様邸ですが、一階に大空間のリビング(和室コーナー有)を設けた広々とした設計となっています。

テクノビームを最大限生かした空間だと思います。

広々空間については、後日お披露目させていただきます。

 

第1話として 小屋裏の仕組みについて少しお話させていただきたいと思います。

小屋裏の仕組みについて話すきっかけとなったのが、上棟2日目に現場で若い大工さんに

「雲筋ってなんで雲筋って言うの?」と聞かれ

雲筋の名前の由来... そんなん考えた事ない・・・ 答えれない。。。

いろいろ調べてみましたが これといった答えがみつからず、ううううううってなってる時に

そういえば、他で金物やら耐力壁やらは話したけど、小屋組についてつっこんだ説明してないと思い

ちょこっと書いてみよと思った次第であります。

 

 

 

 

上の2枚の写真ですが、雲筋交・振れ止め(根がらみ)です。

雲筋交とは

小屋束や母屋が倒れないように、小屋束に斜めに打ち付ける筋交の事です。

通常15mm×90mm程度の貫材をN50と言われる釘で固定します。

 

振れ止め(根がらみ)とは

小屋束の柱脚側で、雲筋交と同じ釘を用いて固定します。

 

雲筋と振れ止めは、セットで打ち付ける事が多く、小屋組みの桁行方向への変形を防止します。

左の写真を見ていただくと、小屋束・雲筋・振れ止めの3つの部材で三角形を構成しているのが

分かると思います。こうすることにより小屋組みの変形防止となります。

補足ですが、文章の中に「桁行方向」とありますよね、これは簡単に言うと長方形の長辺側の事です。

ちなみに、短辺側を「梁間方向」と言います。

正方形の時は?と棟と平行の関係にあるの方向が「桁」 直行してるのが「梁」で覚えていただけると

わかりやすいかと思います。

 

長々とお話しさせていただきましたが、なんとなくでもわかっていただけたらさいわいです。

これからもくだらない小話もはさみつつ、楽しくいろいろと解説できたら良いと思ってますので

よろしくお願いします。

 

次回は、各所の説明ではなく、こんな感じです!(うまく言えない....現場での出来事?) みたいなのを

進捗状況とともにUPしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

2020.02.06

柏原市 A様 邸


ボード張り工事完了

お問合せ

NextHome TAKEHIROをもっと知っていただくために、お近くの住宅展示場や、見学会、住まいの体験会などをご案内しています。
お客様の理想の住まいについて、是非私達にご相談ください。

カタログのご請求

住まいづくりに役立つカタログをはじめ、オーナーズボイスやインテリア実例集もご用意しています。

カタログのご請求

ご相談・お問合せ

NextHome TAKEHIROへのご意見、ご相談、 その他お問い合わせがございましたら、お気軽にこちらよりお問い合わせください。

ご相談・お問合せ

リモートオンラインサービス

ご自宅から家づくりに関するご相談やモデルハウスの見学が可能です。
是非ご利用ください。

リモートオンラインサービス